合宿免許で標準的な期間を超過した場合

合宿免許は、ドライビングスクールに近いホテルや旅館を合宿先として、そこに滞在をしながら、効率よく学科教習や技能教習を受けて、最短の期間で卒業をめざすというものです。

普通車で、なおかつオートマチック車限定の運転免許を取得するのであれば、標準的な卒業までの期間というのは、だいたい2週間程度となっています。



もしもマニュアル車も運転できる免許のコースであれば、これに2日間程度を追加した日数というのが、標準的な期間ということになります。

特にマニュアル車の免許のコースでは、クラッチ操作などが初心者にはむずかしく、なかなか標準的な期間のあいだに卒業ができないということもあり得るところです。

こうした場合ですが、合宿先となっているホテルなどの宿泊料や、合宿免許での技能教習などの超過料金が必要とはなりますが、一定の限度までは期間を延長させることができます。



もしも標準的な期間では間に合いそうもないという場合には、はやめにドライビングスクール側に相談をして、延長の手続きをするとよいでしょう。

また、合宿免許のプラントのひとつとして、あらかじめ卒業保証として、標準的な日数を超過したとしても、追加の料金がかからない取り扱いとしているものもあります。

もちろん一定の限度はありますが、こうしたプランでは卒業検定に不合格になったり、技能教習の見極めがでないなどの理由で、標準的な日数を超過したとしても、経済的な負担がかからないので安心です。